マドレボニータ@福岡

NPO法人マドレボニータ認定産後セルフケアインストラクター藤見里紗のブログです。産後クラスや、性教育のことなどを綴ります。

赤ちゃんとの最初のお出掛けは【産後のボディケア&フィットネス姪浜教室】へ
赤ちゃん(生後210日以内)と一緒に安心して参加できるエクササイズです。
産後の肩こり・腰痛・ブヨブヨお腹・骨盤・ダイエット・・・バランスボールで解決!


タグ:福岡

やっと8月になりましたね。
夏休み、ながいなー。
でも改めて、保育園、小学校のありがたさを感じますね。
安心して子どもが遊び、学べる場を、いつもありがとうございます。
image

さて、8/10のマタニティ&産後のボディケア体験会@大丸が近づいてまいりました。
まだお席ございます。
興味あるけど、いきなり4回コースは…という方
今回、チャンスですよ。
特に暑くて、引きこもりがちな夏、
快適な室内で、気持ちよく汗がかけます。
そして、身体を動かすことで
マタニティでも、産後でも
こんなに快適な身体が作れるんだ!ってこと
知ってもらえたらと思います。
お申し込み・詳細はこちらから
image



姪浜教室の卒業生から
嬉しいご感想が届きましたので
ご紹介しますね。

今回、産後ケア教室を受講して、充実していてあっという間の4週間でした。
汗をかいてリフレッシュできるのはもちろんのこと、いろんな背景を持った
方たちと交流できたことは新鮮でした。特に福岡に知り合いのいない私に
とっては、隣の区の方や二人目(私以外みなさんそうでしたが)以上子育て
されている方のお話を聞けて、知識を広げることが出来ました。

教室では’制限のある幸せ’って言葉が気に入りました。
仕事や勉強でも苦しみや辛さがあるから達成感や楽しさが味わえる(と思っている)と
同じで、制限 のある中で、いかに工夫して動くか・短い時間で考えるかを
身につけることが出来るし、ちょっとした出来た、が幸せだと思います。
でも段取りを考えすぎるあまり、家は片付いたけど今日は子供と遊んだっけ?って
こともあり、自分都合になっているなと反省する部分もあります。今のこの瞬間に
子供と向き合わないといけないって時もあると思うので、その時間も大切にしなきゃとも
思います。時間のバランスを取るのが難しいですね。
今日1つできればラッキーくらいに考えるようにしたら、今まで抱っこしても「なんでこの時間に
昼寝してくれないんだ」と思ってたのに、他が出来なくてもいいやと抱っこしてたら「もう寝てくれた」
ラッキー と、もう一つ他のことが出来る、と感じることが増えた気がします。
やっぱり心の余裕は子供にも波及するのかな。
こうやって小さい幸せを感じながら一歩一歩進めたらいいと思います。

学生の時の友達から’ママ友’は嫌だと散々聞かされて、’ママ友’に苦手意識を
持っていた私ですが、素敵なママがたくさんいるなと実感。特に教室を受けようとされる方は
向上心もあるし、しがらみもないのでいいのかもしれませんが、皆さんの前向きな考えまたは
悩みは共感できることも多く、久しぶりに子供以外の話を持てた時間でした。
今回の受講をきっかけに普段の子供プラザなどで会うママたちにも前向きに向き合えそうです。
また、少し ずついろんなことにも挑戦していけたらいいなと思います。



Tちゃん、ありがとうございます。
子育ては大変です。
でも、今のこの生活は
自分が主体的に選び取ったものなんだって
捉え直すことで
今、何を大切にしたいのかが自ずと見えてきて
起こる事象は同じでも
一つ一つのことと違う気持ちで向き合えるのではないかと思います。
翻弄されずに、味わえるようになる、
それが、マタニティ&産後ケア教室の効果です。

天神・大丸では9月コース(本日受付開始予定)
※詳しくは下記リンクより大丸マミーカンガルークラブのサイトでご確認ください
姪浜は10月からコースがスタートしますので
ぜひ8/10にお試ししてみてくださいね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
《マタニティ&産後のボディケア教室》

80マタニティ&産後のボディケア★大丸教室 受付中!
【8月体験会】10日(水)10:30-12:30 【9月コース】7・14・21・28日(水)

※大丸カード(年会費無料・会員割引あり)のご入会が必要です。いろいろおトクなことばかりなので私も最近作りました(笑)。クラス当日にお作りいただけます。

マタニティ&産後ケア姪浜教室 受付中!
8・9月は休講です。
【10月コース】10/6・13・20・27(毎週木曜日)


★今年も糸島でやります!B-epart主催 秋のマタニティ&産後のボディケア講座
10/25・11/1・11/8・11/18
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


■2016スケジュール■

◉7/1 飯塚市若菜小学校 講演会
◉7/9 糸島市男女共同参画センター 講演会
◉7/7 福岡市能古中学校 講演会
◉7/19 花畑中学校講演会
7/29 東京開催!「私たち自身の性を考える@きゅりあん」
8/20 「パパ&ママのためのバランスボール講座」@アミカス(高宮)
8/28 関西初!「子どもへの性の伝え方勉強会」@大阪
9/10「子どもへの性の伝え方講座」@アミカス(高宮)
◉10/21 南区 東若久小学校 講演会
10/23 岐阜初!「子どもへの性の伝え方講座」@岐阜
◉10/24 東区 香椎小学校 講演会
◉10/28 南区 長住小学校 講演会
◉11/1 南区 東花畑小学校 講演会
◉11/14 南区 野間中学校 講演会
◉11/15 早良区 小田部小学校 講演会
◉11/22 南区 高木小学校 講演会
◉11/25 早良区 大原小学校 講演会
11/26 「パパ&ママのためのバランスボール講座」@アミカス(高宮)
12/10「子どもへの性の伝え方講座」@アミカス(高宮)
性の個別相談(女性・夫婦限定)についてはこちら

月曜日は午前中、ダンスレッスン。
全然踊れてる感覚がない。
でも、Yuki先生のレッスンは
自分の身体のクセを教えてもらえるので
ほんとーにちょっとずつですが
自分の身体を自由に動かせるようになってきてる感覚はあり
ちょっとでも前に進みたくて
どんなに踊れなくてもレッスンはやめたくないのです。
いつか自分の好きな曲を
自由に身体で表現できるようになりたいなー。

で、合間に軽く仕事してから、午後はアミカスへ。
オール熊本出身出演者による、熊本出身の行定勲監督『うつくしいひと』の熊本支援上映会へ。

復興支援ってどうしたらいいかいつも分からなくなるのですが
それをすることが自分にとっても有益と思えないとなんかおかしい気がしてて
今回のこのイベントはそんな自分の食指が初めて動いたのでした。

なぜなら行定勲監督の『GO』という作品は
自分がOLやめるきっかけになった映画だったんです。

その時ちょうど韓国語の講座のテキストを作る仕事をしてて
編集作業してる時に
「あたし編集じゃなくて書く方が好きだな、どうやって伝えるか考える方が好きだな」って
漠然と思ってて、で、『GO』をたまたま観て、この仕事終わったらもう辞めようって思えた。
それからは仕事楽しかったなー。それで教師になったわけですが。

はい、上映会の話。

とてもとても心温まる会でした。
映画はほっこりする内容なのですが、いろいろ考えたら涙が止まらなくなりました。
その後の監督のお話も、今しか聴けない熊本の話というか、というか、お話聞きながら、
やっと熊本に寄り添えた気がして、聴けて良かったーと心底思いました。
熊本ならではのユーモアもたっぷり。
何があっても熊本のユーモアは健在なのだ。
私が講座などで笑いを取りに走ってしまうのもw
私のクマソの血が騒ぐからです。(母が熊本出身)

ホワイトハンズ代表・坂爪 真吾さんと共催させていただいた
【ニッポンの夫婦の性のジレンマ】というイベント、地震直後だったので、
坂爪さんから「売上は熊本に全額寄付に」とのことでお預かりしていたのですが、
どういう形で寄付したら良いのかずーっと悩んでいて、
いっそのこと、風テラスとマドレ基金に寄付しちゃった方がいいんじゃ…とか思っていたのですが、
この上映会に参加して、こんな時こそ映画や芸術という保険が必要なのではないかと改めて感じ、
イベント売上2万円全額今後の上映会の運営に寄付させていただきましたこと、この場を借りて、ご報告させていただきます。
image

(写真を撮るときに、監督が私のiPadを見て、「エヴァンゲリオンだよね?」と聞かれたのですが、エヴァンゲリオン見たことなくて…なんも言えませんでした…残念、自分!)

昨年、大好評だったイベント、今年もさらにパワーアップして開催いたします。

4月24日「福岡で解く!ニッポンの夫婦の性のジレンマ2016〜嗚呼、すれ違うオンナとオトコ〜」

気になってたけど、申し込むの忘れてた〜という方、まだ間に合います。今日中にどうぞ。

ホワイトハンズ代表・坂爪真吾さんが
『はじめての不倫学』を上梓されてすぐに
ベッキーの不倫騒動、
そして今回『セックスと障害者』の発売と前後して
乙武さん騒動…と。
もはや「持ってますねー」としか言いようがないような(笑)
この完璧なまでのタイミングなのですが
きっと坂爪さんからしてみれば
議論すべき社会問題として提起していたら
たまたまタイミングが合ってしまったというところだと思います。
そういうことも当然ながら出てくるでしょうよ、と、いうところでしょうか。

そんなお話もイベントではきっと聞けると思いますよ★

そしてこの4月に発売となった『セックスと障害者』。
ご献本いただき早速読んでみました!
image

目次見るだけでも、障害者と性にまつわるあらゆる問題が網羅されてるんですよー。
すんごいですこの内容。

いくつか私が心臓を鷲掴みにされたところを引用していきますね。

・障がいのある人に対する性的支援と社会参加の支援は、車の両輪であることが分かります」

・(障がいのある人の)共同生活で一番大切なことは、時間と労力をかけて毎日の食事を自力で作ることではなく、あくまで「愛する人との暮らし」を味わうことです。

・障がいのある親のいる家庭では、どうしても「お母さん大丈夫?」「お母さんどうしてる?」というように、親の障がいを話題にして話が進んでしまいます。それだけではなく、子どもに対して「あなたはどうしたいの?」というふうに、子ども自身を主語にして本人の思いを聞いてくれる人が周りにいれば、子どもにとっては大きな助けになったはずです。

・真の共生社会とは障がいのある人と無い人との間に一切の摩擦が生じない「誰も傷つかないユートピア」では決してなく、両者が日々ぶつかり合って、諦めや妥協と闘いながら、お互いを少しで分かり合うために知恵を絞り続け、悩み続けることでようやく成り立つ「傷だらけのユートピア」なのかもしれません。


め、名文だらけ…。
読みながら、常々思ったことは
「こ、これ、普通に性教育の課題と一緒です…(汗)」ってことです。

二つめにあげた「共同生活で一番大切なことは愛する人との暮らしを味わうことです」って
そうですよね、我々もそう思って結婚したはずなのになんで、こんな毎日のご飯作りに
疲弊してんの!って自分で思っちゃいました。

最後の「傷だらけのユートピア」は、感動で震えました!
現代の問題のいろんなところに当てはまって
夫婦関係もこの認識が一番必要なんじゃないかな。

そんなわけで、ピンきた方
明日です!

お申し込みお急ぎください。
詳細・申し込みはこちらから。









---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
《産後のこころと身体しっかりケア(4回コース)》

産後ケア大丸教室 受付中!
【4月コース】6・13・20・27日(毎週水曜日)←満員御礼
【5月コース】11・18・25・6/1日(毎週水曜日)←受付中!

※産後クラスのご受講料も大丸カード(年会費無料・会員割引あり)のポイントとなります。カード会員特別価格でご受講いただけます

産後ケア姪浜教室 受付中!
【5月コース】5/12・19・26日・6/2日(毎週木曜日)←満員御礼
【6・7月コース】6/23・6/30・7/7・7/14(毎週木曜日)←受付中


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


■2016スケジュール■


4月24日「福岡で解く!ニッポンの夫婦の性のジレンマ2016〜嗚呼、すれ違うオンナとオトコ〜」


性の個別相談(女性・夫婦限定)についてはこちら

余震が続く毎日ですが皆さんいかがお過ごしでしょうか?

私も、身体が思った以上ばりんばりんで
心よりも身体の方が正直だなぁと実感しています。
妊娠中や産後の皆さんは、もっともっと不安も多かったと思います。
お時間ある時に、肩を回したり、骨盤呼吸法を動画で一緒ににやってみてくださいね。
気は張っていても、身体は想像以上に疲れてると思います。



福岡は、余震はあるものの
それ以外は全くもって通常通りで、
我が家は今週末は、一時避難で
義実家の山口へ行こう…となったのですが
車の調子は悪くて、このまま山口行くのは逆に危険だね〜ということになり
車検も近いし、ちょっと車見に行こうか、となって
いい中古車に出会い、買うことになったり…。
まあ至って普通です。
image

ちなみに我が家の被害はこれだけ。
多分地震のせい…と思う(あまり自信ない)笑。

今日は市民プールへ。
夫が子どもたちを入れてくれてるので
いま自由時間です。
やっぱり入ればよかったかな…。

3.11のときに
とにかく辛かったのは
仕事ができなくなったことでした。

まだインストラクターになったばかりで、初めての満席だったのに
クラスを中止しなければいけなかったこと。
この時も山口に一時的に避難し
泣きながら、中止のメールを送ったのを覚えています。

もちろん、あえて中止にしなかったインストラクターもいて
こういう時だからこそ体を動かしましょうと
少人数でもクラスを開催していました。

私は何が辛かったかというと
自分の意思で動けなかったことが辛かった。
小さい子どもがいるのに仕事なんてとか
赤ちゃん連れの人に外に出てこさせるなんてとか
「こんな時に不謹慎なんじゃ…」という
言われてもいないことを気にし過ぎて
自分の意思を通すことができなかったし
自分の意思が何なのかもわからなくなっていました。
これ産後と同じだよね。
で、結局突発性難聴になりましたね。
身体がちゃんと悲鳴をあげてくれて
ハッとなりました。
もっと自分を大事にしなきゃって。

今はその辺りが大分クリアで
どこかに行こうと思えば行けるし
仕事も出来るし
それを家族や夫に伝えることもできるから
大丈夫。

こんな時こそ自分の心や身体の声に
敏感に耳を傾けて
それをきちんと誰かに伝える勇気を持って
自分を守ろう。





---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
《産後のこころと身体しっかりケア(4回コース)》

産後ケア大丸教室 受付中!
【4月コース】6・13・20・27日(毎週水曜日)←満員御礼
【5月コース】11・18・25・6/1日(毎週水曜日)←受付中!

※産後クラスのご受講料も大丸カード(年会費無料・会員割引あり)のポイントとなります。カード会員特別価格でご受講いただけます

産後ケア姪浜教室 受付中!
【5月コース】5/12・19・26日・6/2日(毎週木曜日)←満員御礼
【6・7月コース】6/23・6/30・7/7・7/14(毎週木曜日)←受付中


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


■2016スケジュール■


4月24日「福岡で解く!ニッポンの夫婦の性のジレンマ2016〜嗚呼、すれ違うオンナとオトコ〜」


性の個別相談(女性・夫婦限定)についてはこちら

昨日の西日本新聞でご紹介いただいたおかげで
お申し込みゾクゾクといただいております。
image

ただですね、このイベントに参加するのって
抵抗ある方多いと思うんですよ。

例えば、妻や、夫に
「ちょっと夫婦の性のイベント行ってくるね」って
なかなか言いづらいですよね(笑)。
友人に、もし夫にそう言われたらどうする?って聞いたら
「ど、どした?」ってなるかなーって言われましたもんw

でも、もう正直、日本の夫婦関係って今のままじゃ
立ち行かなくなってきてるって
みなさん思ってるんじゃないですか?

今年に入って、話題がひっきりなしじゃないですか。

みなさんは丸腰のままで
この荒波をサバイブするおつもりですか?

夫婦の性の問題は
毎日考えることでもないですが
一度しっかり向き合って考えることで
家族が壊れるような大惨事は免れることができます。

暗闇は暗闇のままにしておくから
怖いんです。

みんなで火を灯せば
意外と明るいことがわかるのが
夫婦の性の面白いところだと思います。

明日からの夫婦の、ひいては家族の明るい未来のために
みなさまのご参加、お待ちしております!

お申し込み、詳細はこちらから


---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
《産後のこころと身体しっかりケア(4回コース)》

産後ケア大丸教室 受付中!
【4月コース】6・13・20・27日(毎週水曜日)←満員御礼
【5月コース】11・18・25・6/1日(毎週水曜日)←受付中!

※産後クラスのご受講料も大丸カード(年会費無料・会員割引あり)のポイントとなります。カード会員特別価格でご受講いただけます

産後ケア姪浜教室 受付中!
【5月コース】5/12・19・26日・6/2日(毎週木曜日)←満員御礼
【6・7月コース】6/23・6/30・7/7・7/14(毎週木曜日)←受付中


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


■2016スケジュール■


4月24日「福岡で解く!ニッポンの夫婦の性のジレンマ2016〜嗚呼、すれ違うオンナとオトコ〜」


性の個別相談(女性・夫婦限定)についてはこちら

そうだ!野球があるじゃないか、ということで
行ってきました、オープン戦。

福岡、大好きなんですよねー。

そして人の出入りが多い街でもあるということを
最近知りました。
人を見送ることが
福岡にずっと居たら多いのかもしれない。

それでも福岡はいいところなので
楽しく過ごして行きたいです。

昨日NHKで松田龍平とRIPSLYMEのPESの対談をしていて
途中から見たんですが
RIPSLYME、最近ずっと聞いてなかったけど
やっぱりこの人たちすっごく楽しそうなんですよね。
めちゃくちゃ脱力してるし。

教員時代に、中学生から「先生の夢はなんですか?」と聞かれて
「RIPSLYMEになることです」と言ったら
本気でドン引きされたことを、先生は忘れられませんw

さてさて、先日、性教育の出前講座をしてきた中学校から
感想が届きました。
「大問題になってたらどうしよう…」と実は内心不安になるくらい
結構、思い切った内容にしたので
ドギマギしていましたが
依頼してくれた方が(マドレの卒業生)
「この子たちはこの歳でふじみんの話が聴けて、ラッキーだったと思う」と、言ってくださっていたので
「私もそう思うw」と心を落ち着かせていたのでした。

で、感想。
これが一番衝撃的でした。
image

男の子の感想。
「今までは、下ネタ、下品なことだと思い、全力で避けてきました」
…ぜ、全力で!(笑)
って、笑い事じゃないよね。

そうか、そういう感覚かと、改めて。

image

これも男の子。ふじみんって呼んでくれてて嬉しい。
「おそらく人生の中で必ず知っておいた方がいいいこと」そうです!
そういう想いで話しました!
ここに来てくれた、誰一人として
性的なことで深い傷を負って欲しくないという想いで。
よくぞ書いてくれた!お世辞でも嬉しいよ。

image

これは女の子。「相手を尊重する」というのはよく聞くけど
そのことについて今日はもっと深く知れた、とのこと。

うんうん、性教育って
そういう学問だと思います。
「尊重する」って、言うのは簡単だけど
それってどういうことなのか
これまでの性教育は、その解説がなくて
実践ではほんと、役に立たないものになってしまうことが多いんだけど
そこに一歩踏み込んだつもりです。

教員時代、ぶち当たっていた壁に
ヒューマンセクソロジーに出会い、マドレボニータに出会い
乗り越えられたところをお伝えしました。

ただ、じゃあ私が話したことが
学校の先生たちがすぐに応用できるかというと
やっぱり難しいと思う。

性教育は、政局や、社会状況によって
あっという間にズタズタにされてしまうことも
目の当たりにしてきたので
今、私が、こうして講演に呼んでもらってることも
正直いつまで続くか…という危機感は常にあります。

ただ、どんな状況の中でも
子どもたち守るだけの耐性のある性教育を
現場の先生たちと一緒に作って行けたらなあと思っています。

私、性教育に関しては、失うものは何もないので
この立場でできることを…ということで
夏くらいに、教員や医療関係者を対象にした勉強会など
企画したいと思っています。





---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
《産後のこころと身体しっかりケア(4回コース)》

産後ケア大丸教室 受付中!
【4月コース】6・13・20・27日(毎週水曜日)←満席になりました
【5月コース】11・18・25・6/1日(毎週水曜日)

※産後クラスのご受講料も大丸カード(年会費無料・会員割引あり)のポイントとなります。カード会員特別価格でご受講いただけます

産後ケア姪浜教室 受付中!
【5月コース】5/12・19・26日・6/2日(毎週木曜日)
←残席4

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


■2016スケジュール■


4月24日「福岡で解く!ニッポンの夫婦の性のジレンマ2016〜嗚呼、すれ違うオンナとオトコ〜」

【東京】4月2日 子どもへの性の伝え方講座@日野

【東京】4月3日 子どもへの性の伝え方講座@玉川

性の個別相談(女性・夫婦限定)についてはこちら

image

お待たせしましたー!
ついについに、アヴァンティ2月号が出ましたよ。
誌面上には載ってない
セックスレスについてなど、全てオンラインで見れます。
こちらからどうぞ。

特集の最初のデータ。
男性の理想のセックス回数、週3回。
男性の「もっとセックスがしたい」と思ってる人の割合81%
という数字興味深いですね。

さらに、男性のダヴィデ像による身体の解体新書や、男の性事情、
これは女性誌としては、かなり踏み込んだ切り口ではないでしょうか。
ただ「このページ、人前で開きづらいわっ!」というクレームは
来そうですねw


結論から言いますと、女と男は永遠に分かり合えない生き物です(笑)。

分かり合えないながらも、それに応えようと思考錯誤する関係性こそが尊いし
お互いの人としての成熟に繋がるのだと思います。

性的な満足感や快感って
地道な努力の賜物だと思いますよ。
近道なんてないし、近道したらそれなり。

で、記事では、私の意見はどうでも良くてw
坂爪さんの、男性の性についての解説を
男性にも女性にもぜひ読んでいただきたいです。

男性の性の専門家ってまずなかなかいないし
卑屈でもなく、言い訳でもなく(なんかすみません!)
ちゃんと男性の解説できる人って
本当になかなかいないんですよ。

記事には書かれてないことも沢山お話ししたし
私も「あーあれ、もう一回お聴きしたいなぁ」とか
「でも聴いたところでやっぱり理解できんやろなぁ」笑というところが
いっぱいあったので、続きはまたどこかで。

で、記事を読んで、もっと男性の性について知りたい!という方はこちら。



やっぱり、夫婦関係難しいので、不倫かな…となっちゃった方はこちら笑。



坂爪さんの渾身の最新作。性風俗について知りたい、学びたいという方はこちら。



すごい…網羅されてるw
どれも、どなたにでも読みやすく、豊かに性と向き合えます。
是非ご一読を!





---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
《産後のこころと身体しっかりケア(4回コース)》

産後ケア大丸教室 受付中!
【2月コース】4・8(月)・18・25日(第2週以外木曜日)

※産後クラスのご受講料も大丸カード(年会費無料・特典いっぱい!)のポイントとなります。
※大丸教室は3月から毎週水曜日になります。


産後ケア姪浜教室 受付開始!(1・2月は休講)
【3月コース】3・10・17・24日(毎週木曜日)


糸島B-epart主催 「産後のボディケア&フィットネス教室@糸島 4回コース」春の講座 2/23・3/1・3/8・3/15
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


■2016スケジュール■


1月30日(土)「赤ちゃんとできるパパ&ママのためのバランスボールエクササイズ」@高宮アミカス←満席・キャンセル待ちとなります

2月14日 こととば那珂川ママコLab.「ママのためのバランスボール講座@博多南駅」

2月23日 アヴァンティイベント「ココロに素直になれる夜 満月の夜のほろ酔い性教育」

≪現在受付中の講座≫
●姪浜クラス6月コース(9・16・23・30日)受付中→詳細はこちらから
博多・大丸クラス6月コース満席です!7月コース受付中☆→詳細はこちら



こんにちは!ふじみんです。
来週火曜日からはじまる姪浜クラス。まだまだお申し込み受付中ですよ☆
体験受講もできますのでお待ちしております!

image

(福岡市美術館パンフレット)
さてさて、みなさま突然ですが
春画って見たことありますか?
どのようなものかは知っていても
じっくり鑑賞する、なんてことはなかったのではないでしょうか?

私も実は全然きちんと見たことなくて
コレクターのおじさんとかが、「シシシシシ・・・・」といいながら家でひっそりと見ているという(笑)
貧困なイメージしかなかったんです。

で、今回、福岡市美術館で『肉筆浮世絵の世界』という展示会の中で「春画の特別展示」がされるそうで
より、沢山の方に見に来てもらうためにはどうしたらよいか、というご相談を受けたのでした。

それではじめて、私も勉強し始めたのですが
コレが中々面白い!

いくつかふじみん的に完全に素人目線で
ふぉおう!と思った点を上げますと・・・・

①性器がやたら大きい(笑)。
これ、美術館の方に解説していただいたのですが
絵を描く方はご理解いただけると思うのですが
人間の末端の部分を絵に描こうとしたら、実際のままに描くと
手などはすごく小さく見えてしまって、子どもの手のように見えてしまうらしい
なので性器も大体顔くらいの大きさで描かれています。

②老若男女問わない!
ここはとてもいいことだと思うのですが、
たとえば若い男女の交わりを見ていて
ちょっと興奮したじいさんが、ばあさんにキスしちゃうみたいな(下の絵)のが
結構あります。
image

(『春信の春、江戸の春』早川聞多著より)
あと中年夫婦の交わりみたいなもので、もう行為は終わってダランとした状態で
身体も、脂肪がだらんとしてるんですが、表情とかがとても良くて
学芸員さんもこれは秀逸!とおしゃってました。
今みたいに、若くなくても、裸がキレイじゃなくても、
性を楽しんで何が悪い!みたいなところがいいですよね。

③のぞいてる人が描かれている。
大体、交わってる人がいて、それを見て、さらに交わっていたり
自慰をしていたり、少年がのぞいていたり、奥さんがのぞいていたり
まあ様々。
今より当然ながら、壁も薄くて隙間だらけだっただろうし
そんな家も広いわけじゃなかっただろうから
プライバシーなんてほんと皆無だったのだと思います。
それをも描かれているのが面白い。

④笑える!
大体、周りに字が書いてあって、シチュエーションの解説をしていたりするのですが
コレがかなり面白いのです。
例えば「お前は猫のような女だから、俺のかつおぶしをお見舞いしてくれるわ」(笑)みたいな
(多分ニュアンスちょっと違うと思うんですがw)
そんな洒落が書いてあったりする。
江戸時代は春画のことを「笑絵(わらいえ)」と呼んだりしていたそうです。
決して冷笑したり、軽蔑する、といったものではなく
思わず微笑ましめるもの、人の心を解きほぐすものといった類のものだったようです。

⑤ほとんどの浮世絵師が春画を描いていた!
私たちが日本史で習った代表的な絵師たちは、ほとんど春画を描いていたそうです。
そんなこと知らなかったですよね。
あの有名な、あの人も、あの人も、みんな描いてます。
なのに、日本ではほとんど見られていないのです。
海外では高い評価を得ているというのに・・・。

これってもったいないことですよね。

もっともっと春画の魅力って語りだしたらきりがないと思うのですが
それがこの夏、福岡市美術館で観れちゃうのです。

今度東京でも春画展が開催されるそうですが
福岡が先駆けて!ですね(笑)
とくに「肉筆画」を中心に展示されるそうなんですよ。
普通、浮世絵は版画なんですが
肉筆画は最後の一筆まで浮世絵師が完成させる一点物の絵画なのです。
なので、私はまだホンモノを見ていないのですが
何より、本当に美しいのだそうです。

ちょっと、観たくなってきましたか?

私は学芸員の方と話していて意気投合したのは
「性的なことがらを日常に落とし込みたい」というところ。

仕事柄、産後女性から「セックスレス」の相談を受けることが多くて
とくに母になった女性の性的なものへの拒絶感はハンパないのですが
性ってそんなすごく特別なものじゃなくて
日常に至るところにあるものなんですよね。

子どもの感覚なんか素直だから
すぐ言葉に出しますよね。

それを、大人の楽しみとして
笑って、心ほぐす、っていうのはとても大事な感覚なんじゃないかなと思っています。

正に江戸時代の人はそういう楽しみ方してたんじゃないかなと。

今よりもしんどいこといっぱいあったと思うんですよ。
だからこその楽しみといいますかね。

そんな感じでね「セックスレスって問題かしら・・・」みたいに
ちょっと凝り固まってしまった性に対する違和感を
解きほぐすのに、春画はちょうどいいんじゃないかなーと思ってます。
わぁ、綺麗!ってなって、これ面白いって言って笑って
まずはそこからでいいんじゃないかと。

ちょっと今、いろんなツアーを考えてまして
女子ツアーはもちろん
NPO関係者ツアーとか
熊本県民ツアーとか・・・。(笑)

またもう少し固まり次第ご報告いたしますね☆



≪現在受付中の講座≫
●1月コース(6・13・20・27日)満席になりました!
●2月コース(3・10・17・24日)残席1です!(3・4月は休講いたします。)
⇒【お申し込みはこちらから】

*********************************

こんちは!ふじみんですー。

今日は嬉しい嬉しいことが☆
福岡の働く女性を応援する情報誌『avanti』2月号に、
ふじみのオトナの性教育を特集していただきました!

『アヴァンティ』さん、福岡では唯一の女性マーケティングをされている会社で
働く女性の支援を積極的にされており
福岡の行政機関、企業にはほとんど配布されているんじゃないかと。
行政の方とお話をすると必ず紹介されるくらい、
マドレや私の活動と親和性があるなーといつも感じていたのです。

でで、この度ついに
産後クラス卒業生で記者の
黒木 怜香ちゃんが、産後本格復帰してすぐ企画してくださったんです。
産後クラスで産後女性をエンパワメントして
仕事をもらうという(笑)我ながら、あこぎな商売だぜ。じゃなくて・・・(笑)、
マドレの産後ケアがそんだけすごいってことでしょ!

怜香ちゃんとアヴァンティの一室で
あーでもない、こーでもないと、何度も打ち合わせを繰り返し、
やっと書いてくれた原稿を、私が〆切間際に真っ赤にして返すなど(笑)のひどい仕打ちにもめげず、
徹夜で仕上げてくれた、正に汗と涙の結晶でございます。私の名刺代わりの一冊となりました。
特集画像ふじみん用

ちなみに写真は、自然な笑顔というのが、私どうしてもできなくて(プリクラ世代も微妙に外れているので・笑)
左手にスマホ持って、娘の写真を見ながら無理やり笑顔を作るという・・・(どんなプレイやねん!)。

表紙はこんな感じ。↓
アバンティ表紙

記事の中で私が気なったのは
読者アンケートで
「セックスに不満・要望がある場合、パートナーにどう伝えるか?」
という問いに
「部屋を暗くしてベッドに入ったときに、お互い天井を見ながら、でも手は繋いで」という答えに
キュンとなりました☆

詳しくは
電子書籍でも無料でお読みいただけます。
こちら→
http://avanti.wook.jp/detail.html?id=238677

現物は
・西鉄天神駅2Fフリーペーパーコーナー
・中央区役所
・アクロス福岡2F
・ノース天神地下1F
・西鉄イン福岡1F
・スタートアップカフェBASES福岡(博多区博多駅東1丁目)
に、設置されてるそうです。

女性誌ですが、男性の方、NPO関係のあんな人や(笑)、行政のこんな人にもぜひお読みいただきたい!
ご感想などいただけたら幸いです。
男子の

↑坂爪 真吾さんの『男子の貞操』も記事の中でお勧めしてもらいましたが
この本は、男性はもちろん、男性のことで悩む女性にも絶対読んで欲しい一冊です。

特集を記念した「大人のラ部」も近日中に開催予定でございます。
詳細近日中に!
ではではよろしくお願いします☆

≪現在受付中の講座≫
●産後クラス姪浜教室11月コース(11月18・25日)単発ご受講歓迎!(12月は休講です)
 1月コース(6・13・20・27日)も募集開始しました!
⇒【お申し込みはこちらから】

●「子どもへの性の伝え方講座」12月14日(日)@アミカス⇒詳細はこちら
●「夫婦DEバランスボール講座」1月17日(土)@アミカス 残席1名様・満席になり次第キャンセル待ちとさせていただきます⇒詳細はこちら

*********************************

こんにちは!ふじみんです。
先週は打ち合わせウィークだったような。
いろいろ仕込みの時期ですね。
10月にぶぁーっとアウトプットして
足りないところをいろいろ思い知ったりして
そんでもう一回足元見て、
やっぱりちがうカタチがいいんじゃないかと思ったり。

そんなこんなでしたが、ちょっと書き残したいことがあったので書いておきます。
「福岡レインボーパレード」に子どもと参加してきました。
2014-11-16-14-05-00

レインボーパレードは性的マイノリティ(同性愛・トランスジェンダーなど)のパレードでして
福岡では初めて行われたんです。歴史的現場に立ち会いたくって。
2014-11-16-15-23-57

ただ、正直、参加するまでは「パレードって何のためにするんだろう?」と、思ってたんです。
でも、参加して、福岡の中心部をみんなと闊歩できて
魂が震えました・・・!
2014-11-16-15-26-27

東京では「レインボープライド」って言ってたりするんですが
正に「プライド」のためのパレードなんだと思いました。

今だに「ゲイのひとって日本では少ないんでしょ?」って
普通に聞かれるんです。

いやいや、どこの国にも普通にいますよ。
ただそれがオープンにできるかどうかっていう環境の違いだけであって・・・。

だからこうやって、みんなで手を振って歩いたりして
「ここにいるよー!楽しいよー!」ってアピールすることって
とっても大切だし、何より、自分が「これがあたりまえのことなんだ」って
実感できる。それが素晴らしい。
私はally(応援者)として参加した訳ですが
それが当事者ならなおさらのことだ。

子どもたちは、沢山の人に手を振ってもらえたり(子どもの特権ww)
たーくさんの方たちとハイタッチできたりして
なんや、わけわからず参加しておりましたが
本当に楽しかった模様。

ゲイで、アイドルのダンスを踊るグループ。
めっちゃかわいかった☆
2014-11-16-16-12-01

行ってよかったな。




↑このページのトップヘ