マドレボニータ@福岡

NPO法人マドレボニータ認定産後セルフケアインストラクター藤見里紗のブログです。産後クラスや、性教育のことなどを綴ります。

赤ちゃんとの最初のお出掛けは【産後のボディケア&フィットネス姪浜教室】へ
赤ちゃん(生後210日以内)と一緒に安心して参加できるエクササイズです。
産後の肩こり・腰痛・ブヨブヨお腹・骨盤・ダイエット・・・バランスボールで解決!


July 2015

≪現在受付中の講座≫
●姪浜クラス8月コース絶賛受付中☆残席5→詳細はこちら

●姪浜クラス9月コース募集開始しました!→詳細はこちら

●大丸クラス8月コース絶賛募集中☆→詳細はこちら



こんにちは!ふじみんです。
春画ツアーのお申し込みが続々と来ております。えがったえがった!

さてさて、ほんと暑いんですが
そんな中、私は何をしてるかと言いますと
8月8日にあるダンスの発表会に向けて、踊っております。

もう、追い込みなんですよ。時間がないんですよ。

そこで先生に言われたのが
「毎日、1回でいいから曲を聴いて、頭の中で踊ってみなさい」と。
身体は動かさないでいいからと。
全然最初はできないからと。

確かに、実際踊ってると、身体が覚えてるから
勢いで何とかできちゃうんだけど
ふとした瞬間に度忘れしたり
ちょっと感情こめると次の振り忘れたり。

それで、今朝からやってみました。イメトレ。
そしたら、もう、号泣。

今まで振りにとらわれて、歌詞なんてちゃんと聴いてなかったんですよね。
でも歌詞をちゃんと聴いたら
母が子どもに贈ってる歌ではないか!ということに気付いたのです。
正確には、母とか子とか一文字も出てこないから
「そうとも取れる」くらいなんですが。

私、母性も、女性性も、押し付けられるのが大嫌いなので
「ママ」とか「母」とか出てくる歌は全く受け付けなかったのですが
この歌はそんなこと一言も出てこないのに
長女のことばっかり思い浮かんじゃうんですね。

長女との出来事は、当たり前ですが、私が母としてはじめて経験することばかりになるので
常に余裕のない状態というか
失敗ばかりだし、それを認めるおおらかさも自分になかったりして
ほんと、娘というよりかは
一緒に何かを乗り越える同士という気がしています。

子育てにおいて、はじめて経験することに対し
余裕のない自分を、長女には、むき出しにすることしかできなくて
つい当たってしまうことも多々あり
いつも、ごめんねとありがとうを一緒に持っているような状態。

でもそれについてきちんと向き合ったり
誰かに伝えたりすることはなく、自分の心の奥底にしまっていたことなので
歌を聴くことで、その箱を開けてしまったような感覚でした。
自分でもびっくりだったよ。

でも、踊りでだったら
母性や、女性性をこじらせた私でも(笑)
素直に向き合えるなーと思って
もうしばらくしたら来るであろう娘の思春期に
「クソババア」とか言われたときに
この歌と踊りを思い出したいなと思いました。


022











≪現在受付中の講座≫
●姪浜クラス8月コース絶賛受付中☆残席7→詳細はこちら

●姪浜クラス9月コース募集開始しました!→詳細はこちら

●大丸クラス8月コース絶賛募集中☆→詳細はこちら




こんにちは!ふじみんです。

8月は、夏にちなんだ「こんなの今までなかったでしょ」というイベントを
沢山して行きますので、随時ご紹介させてくださいっ!
まずは第一弾っ✨

ふじみんと行く 粋な☆女子トーク企画!夜の美術館 「浴衣de春画鑑賞ツアー」和のお洒落な軽食&ドリンク付き 
image

東京で話題となっている「春画展」。
実は、この夏、福岡市美術館では、
先駆けて多数の、しかも、肉筆にこだわった美しい春画の特別展示があります。
みんなで浴衣に着替えたら、
中山副館長による”ここだけの”みどころレクチャーを聞いて、自由に鑑賞。
そのあとは、和をイメージしたお洒落なスペシャルプレート&ドリンクを飲みながら、私、ふじみんと学芸員の吉田さんとともに女子トークという、
江戸の「粋」を味わい尽くす鑑賞ツアーです。
すでにお問い合わせが続々と!みなさまお早めにお申し込みください。
素敵な浴衣レンタルは限定10名様です。
image

◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯
▶️お申し込み・詳細はこちらから

✴︎日時
8月12日(水)16:30〜19:00 

✴︎場所
福岡市美術館

✴︎内容
16:00~受付開始
16:30〜17:00 福岡市美術館中山副館長による鑑賞のポイント解説
17:00〜18:00 春画鑑賞タイム 
18:00〜19:00 女子トークタイム(感想などをシェア)
お洒落な和のスペシャルプレートとドリンクを楽しみながら

✴︎参加費(和のお洒落軽食プレート&ドリンク飲み放題付)
一般 3500円(税込)
ペア割引 3000円(税込)※お2人でお申込ください

*定員 15名
*対象 20歳以上の女性
*ツアーのポイント
・専門家の視点で、春画鑑賞のポイントレクチャーが受けられる!
・ツアーのために準備した特別なフードとドリンクを楽しみながら、女性限定で感想などをシェア。春画トーク。
・ツアー開催前に浴衣等の着付け&レンタルあり。(オプションです)
【浴衣着付け&レンタルサービスについて※別途料金がかかります】
◯着付け1000円
◯浴衣・帯・下駄レンタル【先着10名様】2000円〜3500円
◯レンタルのお申し込み締め切りは8月7日までとなっております。
image
image
image

≪現在受付中の講座≫
●姪浜クラス8月コース絶賛受付中☆残席7→詳細はこちら

●姪浜クラス9月コース募集開始しました!→詳細はこちら

●大丸クラス8月コース絶賛募集中☆→詳細はこちら



こんにちは!ふじみんです。

小1娘の初めての夏休みに突入いたしました。
留守家庭(学童保育)の毎日の弁当作りにヒーコラ。
でも、朝から留守家庭できちんと宿題もして、いっぱい遊んで、思いのほか楽しいようでよかった☆

image

image

先日の大丸クラスでのできごと。
天神で働いてる、マドレ卒業生に「飲んで欲しい栄養ドリンクがあるので、
いつか、大丸レッスンの時、届けに行っていいですか?」と言われ、
先日、本当に持って来てくれたのでした・・・「フジミン」という名の栄養ドリンクを!!こんなんあるのね!
私はレッスン中だったので、大丸の方が対応してくださったんだけど、
どんな方が届けてくれたのかの描写が詳細に記録してくれていて、萌えましたww

そして、大丸7月コースは無事卒業!
image


「最初はできなかった動きが、ちゃんとできるようになるもんなんですね。
妊娠前よりも、お腹がぺたんこになりました!」

「たった1ヶ月とは思えないくらい濃密な時間でした。
来週、ここにもう来れないなんて寂しい。
毎週、朝、赤ちゃんと電車に乗って、ここに通えたことが
大きな自信になりました。」

などなど、みなさま口々に嬉しいご感想を言ってくださり感激!
image


でもほんと、こんな暑いときに
赤ちゃんと安心して通える場所ってなかなかないでしょ。

産後クラスだったら
いつでもオムツがえも授乳もできる、涼しい場所で
赤ちゃんと一緒にエクササイズして、身体が整っていくのも実感できて
自分とじっくり向き合いながら
「母となった自分はこれからどうやって楽しく生きようか」というのを
みんなで、あーだこーだ言いながら(笑)、考えることができます。

image
image


今回のクラスでは
出産という人生の転機に
「本当に自分らしい働き方ってなんだろう」と
考える方が多くて
お互いにみなさんものすごく刺激を受けあっているようでした。

赤ちゃんとクーラーのきいた部屋で、ずーっと閉じこもっているよりも
赤ちゃんが小さいからこそできる
必要な身体のケアと
自分と向き合い、仲間と話せる有意義な時間が
ここにはありますよ。

姪浜・大丸ともに8月コースも絶賛募集中です。
みなさまのご参加心よりお待ちしております☆

≪現在受付中の講座≫
●姪浜クラス8月コース募集開始しました☆残席7→詳細はこちら
大丸クラス8月コースお申し込み開始しました☆→詳細はこちら



こんにちは!ふじみんですー。
昨日は、たまたま中州川端にいたのですが、人生初、山笠に遭遇!
image

す、すごい、いっぱい、、おしりがっ!・・・って私だけ(笑)?
でも、ふんどししてると、おじいちゃんとかでも、おしりが、ぷりんとして見えるから不思議だ。
Tバックを履いたほうが、おしりが綺麗に見えるという理由がわかったような、
でもなぜだかは分からんような。履かないけど(笑)。
FBで「山笠見て、びんぼっちゃま思い出しました」って書いたら
「この勇姿をびんぼっちゃまと一緒にしないでください!」って女性からですけど言われました(笑)。
い、いろいろすみません。


image


大丸6月コース2週目!なんだこのレベルの高さは!
みなさん、チアだったり、ベリーダンスされてたりして、動きがめちゃくちゃ綺麗。
普段からへそ上げとか、体幹部を意識されてる人たちは、やっぱり違いますね☆
私も負荷アゲアゲで対抗してたら(笑)、思わずエクササイズ中に写真撮るの忘れましたσ(^_^;)

image


image


1週目のコミュニケーションワークで「GOOD&NEW」というワークをやるのですが
GOOD、よかったこと、というテーマを持って、
NEW、過去24時間以内を振り返ってもらい
頭に浮かんだ事を書き出し、
その中からお気に入りの1つを、ペアで紹介しあう、というものなんですね。
それを、いつも「ぜひ家に帰ってから夫とやってみてね。
でも急に”GOOD&NEWやろう!”なんて言ったら、夫ドン引きする可能性大なので(笑)、
”今日よかったことなんかあった?”みたいな感じで聴いてみてください」と
お伝えしてるんです。

すると2週目に、Yちゃんからこんな報告が・・・。
先週、産後ラスの後、家に帰ってから、夫に「今日なんかいいことあった?」って聞いてみたら、
「家に帰ったらYちゃんが笑顔だったから嬉しかった」と言われ、
私も嬉しかったですー何て報告もありました☆

産後は赤ちゃんと家にひきこもりっきりの生活の時間がどうしても多くなるから
溜まったストレスは、産後唯一の話し相手である、夫にぶつけがち。
そして夫だけには自分の苦しみを分かって欲しいと思うがあまりに
無理解な言動を取られた時の憎しみたるや
孫の代まで祟ってやる・・・的な(笑)重苦しさが、いや、ホント笑い事じゃなくありますよね。

だからこそ、まずは外に出て
健康な身体を取り戻して
みんなと、建設的な人生の話をするだけで
いつの間にか笑顔になってるから、
妻の笑顔を見たい方は
四の五の言わず、妻をマドレに送り込んでくださいね。
8月コースも絶賛募集中!

夏休み、赤ちゃんと一緒にどう過ごそう??とお悩みの方は
姪浜も、大丸もやってますんで
ぜひぜひいらしてくださいねー。
image

赤ちゃんも、快適に過ごせますよ☆

≪現在受付中の講座≫
●姪浜クラス8月コース募集開始しました☆残席7→詳細はこちら
大丸クラス8月コースお申し込み開始しました☆→詳細はこちら



こんにちは~!ふじみんです。
最近は週3くらいのペースで産後クラスのレッスンがあって(ありがたいことですねー・涙)
それ以外の日は、ダンスの発表会に向けて踊ってるので
ジャージの洗濯に余念がありません(笑)。
ほんと、人生最強に運動してるかも・・・。そして毎日眠くてすぐ寝ちゃって
朝、やばいやばいってなって4時とか5時に起きるんだけど
ぼーーーーーっとSNS見てたりして頭が回ってないので、いかんですな。
シャキっとせな、シャキッと。


さあ、姪浜クラス6月コースは無事、卒業いたしました!パチパチパチ!
image

image

本当にステキなメンバーで
個性がバラッバラなんですが、
それぞれがそれぞれの空気を大事にして
力が入ってない感じで、めちゃめちゃいい雰囲気でしたね。

骨盤呼吸法も上手っ!気持ちよさそっ!
image

image

エクササイズも、4週目は、みなさん本当に上達して
何度も私「みんなでコソ練(コソコソ練習)した?」って何度も聴いちゃったもん(笑)。
image
image


シェアリングでは、
「親が祖母の介護用に建てたおうちを
自分たちで住みたいんだけど、折角だからリフォームしたいけど夫は反対してる」とか、
「男の子が3人いてマンション暮らしでは手狭なので、一軒家に引っ越して
そこで自分のサロンをやりたいけど、夫が無関心」とか、おうち関連が多かったですね(笑)。

そんな中のご意見で秀逸だったのは
「老人用にバリアフリー対応になってるなら、子どもにも優しい作りになってるはずなので
一度暮らしてみるといい」というご意見。
今回、ご参加者に理学療法士さんに、作業療法士さんもいらっしゃるから
その辺はいろんなご意見が出ましたね☆

あと、この日はちょうど七夕だったから
今日、言ったことは、みんな叶っちゃいそうだよねーという話になりました。
めっちゃ雨降ってたけど(笑)。
そんで、同窓会して、またおうちの話をしましょうねーなんて言ってましたよ。
ほんと、いい仲間ができて、よかったよかった!




≪現在受付中の講座≫
●姪浜クラス8月コース募集開始しました☆残席7→詳細はこちら
大丸クラス8月コースお申し込み開始しました☆→詳細はこちら



こんにちは!ふじみですー。

土曜日は、東京ポッド許可局ジャパンツアー福岡公演行ってきました!
ジャパンツアーって言っても、地方は福岡だけなんだけどね(笑)。
地元、大濠公園能楽堂での開催で、大興奮!
マキタスポーツさん、サンキュータツオさん、プチ鹿島さんの3人が、
ポッドキャストでひたすら雑談するというものステージ版(?)みたいな感じ、なんですが
もうほんと、プロの雑談師!
この空気感好きだなぁ~。
なんかの話のときに、「あ、私、東京のそういうところ、すっごい好きだった」って思ったんだけど
どの話しでそう思ったのかが、全く思い出せない・・・(笑)。
私、3年前に福岡に移住してきて、福岡快適すぎて
東京のネガティヴな部分ばっかり感じていたんだけど
福岡来て、はじめて、東京が恋しいと思いました。
面白い話いっぱいあったんだけど、
最後のプチ鹿島さんの「今のセリーグ俺より弱い」という話が、
すべて忘れさせてしまうくらいの破壊力あった(笑)。 来年も待ってます!

写真は能楽堂の前で、サブカル仲間のくろろんと清水ご夫妻☆
image




はい、大丸クラスは7月コーススタートしました!
今月は、もともとチアやっていた方や、フラダンスやっていた方など
運動が好きな方が多いですね。
みなさん初回とは思えないくらい姿勢がうつくしいっ!

image


運動やってた方ほど、産後はしんどいと思いますよ。
運動、一切できなくなるからね。
マグロって、泳いでなきゃ死んじゃうじゃないですか、あんな感じ?(笑)
筋肉あるのに使えないってのはかなりストレスフルですよね。
自分がそうだったもん。
ひっさしぶりにいい汗かけたんじゃないかなー。

image


シェアリングでは
「義母の一言一言にイライラモヤモヤしちゃうのはなんでなんでしょう~!」という話に。

これは産後よく聴きますね~。
赤ちゃん抱っこされるのも
ちょっとした赤ちゃんのこと言われるのも
もっと赤ちゃん見せに来なさいって遠まわしに言われるのも
嫌~ってなる方多いです。

私はなんかこの状態、野生のメスみたいに
自分の子どもにちょっとでも近寄られると「ガルルルルーーーーーーー!」ってなる感じに
似てるなーと思うのですが、あれはなんなんでしょうね。

まあでも、間違いなく
自分の身体がまだ万全じゃない状態で
でも母として「しっかりしなきゃ」って思っていて
でも本当はいっぱいいっぱいな訳で
そんなときに、義母から上から目線(というかそこを乗り越えた人たちだからあたりまえなんだけど)で
ものを言われたりすると、やっぱイラっとはしちゃうよ。そりゃしちゃうよ。

でもこれどちらが悪いとかじゃなく
どっちも悪くないんだよねきっと。
初孫とかだとなおさらね、お互い初めてのことだし。

だから、自分が余裕持てるまでは
ズバリ「無理しない」ことです。

もちろんいっぱい孫の顔見たいとか
見せてあげたいとかいろんな気持ちはあると思いますが
イヤイヤしてると、やっぱりバレちゃうし
それに対して返ってくる言葉もやはり刺々しくなっちゃうと思うので
トゲトゲの応酬はやっぱりしんどいと思います。

だからあったりまえのことですが
今の自分に無理なくできることを
精一杯する、これだけでいいんじゃないかな。

で、余裕が出てきたらね、いろいろやればいいじゃないですか。

なんかすごい抽象的なことしか書いていませんが(笑)
産後女性はまずは自分のケアを!ということで。


image


山笠の季節になりましたね。
大丸前も立派なのが飾ってありました!
7月体験参加できますよー。山笠ついでにいらしてくださいませ。

≪現在受付中の講座≫
●姪浜クラス8月コース募集開始しました☆残席7→詳細はこちら
大丸クラス7月コースお申し込みお早めに☆残席1→詳細はこちら
●7/6春日・大野城地区で体験会→残席わずかです!詳細はこちらから


こんにちは!ふじみんです。
やろうやろう、やろうやろう・・・と思っててできてなかった、アミカスへの提案文書をやっとこ提出できましたー。
性教育講座は秋と冬に一回ずつ、
夫婦でのバランスボール秋に2回、冬に1回で提案しました!
通るといいなー。
ブログ書くのが楽しくて、最近ブログに逃避気味だったのですが
提案を、4月には、5月には、6月には・・・と、思いながら、7月になって、いよいよやばくなったので
結局途中までは人にやってもらったという・・・(笑)。
でも一昨年の提出は11月(〆切り3日前)、去年は8月のお盆、ということで
今年はちょっとだけ成長できたので、よしとしよう、そうしよう!


さて姪浜クラスは3週目。
みんなLINEでつながって、「肩こりのセルフケアのやり方どうやるんだっけー?」って
みんなで教えあったりしたんだって!しゅてきっ
先週からご参加された方もいらしたんですが
「先週みんなでランチ行って、かなり今までのモヤモヤがすっきりして
先週から、私随分変わりました!」なんて、即効性の高いお方も☆

エクササイズは形も決まってます。腹筋では赤ちゃんニッコニコ。

image


image
image


シェアリングでは、「突然、帝王切開が決まり、心の準備もできないまま、全身麻酔の状態で、
わが子が産まれてきた。こんな形で産んでしまって、自分はちゃんと母親になれるのか?とずっと不安だった」という話に。

結構いらっしゃいます。
ちゃんと下から産んであげられなくて・・・、と、罪悪感を持っていらっしゃる方。

でも本当は、そんな方こそ、早くクラスに来ていただきたい。
お腹の傷を気にされて、なかなか外に出たり、運動したりすることに
抵抗がある方が多いのですが
産後1ヶ月も経てば、傷はほぼ治癒できている状態なので
あとはいかにリハビリをするかが大事だと思います。

運動をすることで、新陳代謝がよくなり、皮膚の再生も促されます。
なにより、クラスに集まったみなさんと気持ちをシェアすることで
かなり楽になると思いますよ。

帝王切開の率は、日本では今や5人に一人といわれています。
それでも世界的に見ると少ない方なのですが
母子の安全を優先させて、という医療現場の背景があるようです。

ちなみに、私も二人目は前置胎盤により、帝王切開でしたし
自分自身も、帝王切開で生まれてきました。
うちの母は身体が小さかったので
姉が生まれたとき「恥骨乖離」という状態で、とにかく大変だったそうなんです。
だから私も子どもながらに、「お腹からでいいよー。お母さん、そんな痛い思いして下から産まなくいいよー」と
思っていたので(笑)、そこに恨みとかあるわけがないんですよね。
いたって健康ですし。

ただ、自分ももし、一人目のときに経膣分娩を経験できてなかったら
自分を責めたりしていただろうなぁというのは、容易に想像できます。
心の準備もできず、緊急手術とか
術後は痛いですしね。
いろいろ耐え難いものがある。

だからそれを一人で抱え込まず
まずは運動して、健康な身体を取り戻して
想いを吐き出して欲しいなーと。

ちなみにうちの長女がお腹の傷を見て
「ここから、Tちゃん(妹)が出てきたんだよねー」と言うので
「そうだよー。あなたはお尻からだけどね」と言ったら
「お腹からがよかったー(泣)!」と言われました(笑)。
まあ私の言い方が良くなかったのですが
子どもにとってはそれくらいのことですから
早く母が元気になることが何よりも大事だと思います。













↑このページのトップヘ