マドレボニータ@福岡

NPO法人マドレボニータ認定産後セルフケアインストラクター藤見里紗のブログです。産後クラスや、性教育のことなどを綴ります。

赤ちゃんとの最初のお出掛けは【産後のボディケア&フィットネス姪浜教室】へ
赤ちゃん(生後210日以内)と一緒に安心して参加できるエクササイズです。
産後の肩こり・腰痛・ブヨブヨお腹・骨盤・ダイエット・・・バランスボールで解決!


April 2014

≪産後クラス≫
5月コース(5月9・16・23・30日)毎週金曜日です☆
残席1名様⇒お申し込みはこちら


≪性教育講座≫
5月19日(月)・6月28日(土)ふくふくプラザ
⇒詳しくはこちら



こんにちは!ふじみんです。
なんと、西日本新聞にふじみの性教育講座の記事が掲載されました!
西日本性

カラーでしたよ!ひゃー\(//∇//)\
まさか自分がこんな風に新聞に載る日がくるとは。
もう死んでもいい・・・・なんてな(笑)!
いやいやすべてはこれからです。

デジタル版はこちら


ちなみに、記事にしてくださったのは、
産後クラスの卒業生でもある記者の床次 直子さん。
2・3月と復帰前にクラスに通ってくださり、
復帰された4月1日に、取材のお電話をくださいました。

産後のリハビリの頃から、復帰までの軌跡を
こうして伴走できたこと、感慨ひとしおです。

難しく多岐に渡るテーマを丁寧に取材してくださり、
限られた紙面の中でも「あますことなく伝えたい」という想いが記事から伝わってきて、感激。
プロの技を見せていただきました。

こんな立派な記事にしてくださり、本当にありがとうございました。
必要としてくださる方の心に届きますように!

5月コース(5月9・16・23・30日)毎週金曜日です☆
残席1名様⇒お申し込みはこちら


こんにちは!ふじみんです。
今日は嬉しいご報告があります★

このたび、日本経済新聞社主催の「第二回 日経ソーシャルイニシアチブ大賞」において
マドレボニータが【国内部門賞】を受賞いたしました。
パチパチパチパチ~

▼日経ソーシャルイニシアチブ大賞 公式ページ
http://social.nikkei.co.jp/

▼日本経済新聞 電子版 速報記事
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG1502X_T20C14A4CR8000/

この日経ソーシャルイニシアチブ大賞は、
さまざまな社会的課題をビジネスの手法で解決する「ソーシャルビジネス」の
健全な発展と一層の理解促進のため、当分野の優れた取り組みを表彰するもので、
今回は応募総数401団体の中から受賞7団体に選出していただきました。
大変ありがたく光栄に思います。

1998年より改良を重ね続けている『産後のボディケア&フィットネス教室』をはじめ、
多数の会員・ボランティアのみなさまに支えられている
日本電気株式会社さまとの協働事業『NECワーキングマザーサロン』や、
ひとり親・多胎児の母等の受講を支援する『産後ケアバトン制度』(マドレ基金)、
さらに固定オフィスを持たない独自の事務局運営など、
これまで試行錯誤しながら取り組んできた実績を評価いただけたものと
受けとめております。
<ここまでマドレの公式HPより抜粋>

いや、本当に素晴らしいですよね。
普段、ひとりひとりがやっている作業は
非常に地道なものなのですが
こうして評価していただけると
すんごい励みになります。

あとですねー、マドレが非常に自慢すべきものは
産後クラスの卒業生たちが
本当にマドレの活動を応援してくださっているということだと思います。

という私も
福岡では九州唯一のインストラクターなわけですが
なんでもひとりでやっているわけではなくて
卒業生に助けられていることがすっごく多いです。

クラスの良さをとにかく一番分かってくださっている方たちなので
そのアツい想いといったら・・・。

そしてそれがひとつカタチになったものとして
このリーフレットがあります。

りーふ1
りーふ2
りーふ3

かわもんとえいちゃんという2人の卒業生に
手伝っていただいて作りました。

いや、手伝ってもらって、じゃなくて、作ってもらった、が正しいですね。
ほとんどおまかせしちゃった(笑)。
だって本当に2人のアイディアの方がよっぽど素晴らしいんですもの。
そのおかげで、私はマドレボニータのことを客観的にどう表現したらいいのかとか
すごく勉強になりました。

ひとりではここまでのもの、絶対出来なかったのです。
お忙しいお二人が、本当に尽力してくれて出来たものなので
このリーフレット、絶対に沢山の方々に見ていただきたい!

逆にひとりで作っていたら、恐らく妥協の産物みたいなものしかできなかったため
「まあいっか。別に全部配布できなくても。どーせたいしたもんじゃないし」っつって
配布に力を注ごうとは思えなかった自信があります・・・(汗)。

だから、みんなで作って、本当に本当によかったなーって。
ここまであたしやる気にならなかっただろうなーって
思います。

そうして、どうやったら、必要としている人の手に届けられるか
いろんな人に相談していたら
本当にいろんなアイディアをいただいて
もちろん、すべてが思い通りにことが進むなんてことはないんだけど
思ってもいなかったような発想をもらえたり
別のことにぱっと結びついたり
とにかくどんどん広がるわけですよ。

だから私
本当に不器用だし
仕事できないのだけれど
ダメな自分でよかった、
ひとりじゃ何にも出来ない自分でも
みんなの力を借りることで
ものすごいいろんなことができることもあるんだ!ってことを
学びました。

私、このリーフのためなら何でもする覚悟ですので
配れるよ!という方いらっしゃいましたら
ぜひぜひご連絡くださいませね★


5月コース(5月9・16・23・30日)毎週金曜日です☆
残席2名様⇒お申し込みはこちら


こんにちは!ふじみんです。
昨日は産後クラスの卒業生でダンサーのサイアイといろいろあって西新でランチしました。
仕事の話とダンスの話。
私、やっぱり、ダンス、もうちょっと頑張ろうかなーって
いや、本当に全然へたくそなんですけどね
好きで好きでしょうかないんだなあということを
最近すごく自覚していまして
別におばさんだけど、子どもいるけど
イタいかもしんないけど
ダンスもっとしたいから、しようって決めました(笑)。
なんかねー今までは人の目ばっかり気にしてたんですよね。
ある日ふと、思ったの。ダンスあきらめるあきらめないは私の自由じゃんって。
ホント当たり前のことなのに、37歳にして気付いた。

それで、ダンサーのサイアイにダンス上達法について聴いたので
肝に銘じるために書いときます。
・音楽をよく聴くこと。だいたい音楽に正解が書いてある
・振り覚えが人より悪いからといって、無駄に落ち込まない
・自分の為にやっているのだという事を忘れない
・続けていれば報われる日が必ず来る

どどどどーでしょう?結構哲学的(笑)。
なんかいろんなところに通ずるような。

いやいやお前、そんなことより、仕事しろよ!って思うかもしれませんが
やっぱり、「LIFE」の充実あってこその仕事だと思うので
というか、私はそうしたほうが、全然仕事頑張れるんじゃないかって思っています。
今まではね、仕事頑張れてないのにこんなことしてちゃいかーんってブレーキかけてたけど
どうせ仕事できないなら、まずはLIFEだけでもって言う
都合のいい方向転換(笑)。
これは本当に、個人事業主の特権ですね。
安定した収入がない代わりに
自由に時間を使えることを十二分に楽しむということ。

さて前置き長くなりましたが
うれしい、うれしい、ご感想が届きましたので
ご紹介させてください。

まずは、産後に、東京で2クール、産後クラスに通ってくださっていて
福岡に転居後、お仕事福岡での復帰前に
復帰準備としてご受講くださったツカさんのご感想から。



1か月ありがとうございました!
今クールも毎回発見があって火曜日が楽しみでした。
最終回みんなで
わりと高級そうなすき焼き&しゃぶしゃぶ屋に行ってきました。
わたしはお迎えがあったので途中退席しましたが、
初めて会った者同士とは思えないほど盛り上がり、楽しいひとときでした。
これぞマドレマジックですね。

思い起こせば、福岡への引越しを決めたのもマドレのおかげだと思っています。
おかげっていうか、クラスで考える時間を作れたのをきっかけにより考えを深めることができたからだと。
あと、つくづく思うのが、マドレはすごく完成度の高い団体ですよね。
って、偉そうですが。
仕事できる人が集まってるんだろうな、って思います。

これからも折に触れていろんな企画に参加できればいいなと思っています。
6月からのOGクラス、超楽しみにしています。
興味深い人が集まってそうだから、そういう意味でも楽しみです。




ツカさん、ほんと、ありがとうございました!
「産後にマドレ、プラス、復帰前にマドレ」は、私、最強パターンだと思っていて
復帰前に体力づくりと、頭の整理
これが出来ると、ほんと土台が作れるんですよね。
さらにツカさんの場合は福岡での基盤も
第一歩をマドレで踏み出せていただけたことは私もすごく嬉しかったです。
自分の福岡での産後は当たり前ですけどマドレなくて(笑)しんどかったんで。

お次はNさん。いろんなことで悩んでいらして
年末だったかな、すごい長電話したり(笑)
そんなNさんが無事、クラスを卒業してくれたことは私も
本当に嬉しかったんです。


  ざっくりとした感想なのですが、一言でいうと「マドレに参加して本当によかった!」です。

  まず、参加して驚いたのが「体を動かすのってこんなに楽しかったっけ?」ということでした。
  育児や家事で固まった体を動かすのが本当に気持ちよかったんです。
  基本的に体を動かすことが大嫌いな私なのですが(笑)。

  教室ではふじみんさんと皆さんについていくのに必死でしたが、
  体を動かすと気持ちも晴れるんだなあと実感しました。


  本当は全4回のところを残念ながら3回だけの参加になってしまったのですが、
  結果的に、月をまたいでお世話になったおかけで、3月コースの方たちにもお会いできてよかった
  と思っています。
  特に最終回のシェアリングでは、客観的なお言葉をいただけて。
  その後のランチでも、産後ならではのことをお話できて楽しかったです。


  マドレに参加して得たものは、大きく二つ。
  一つは、体を自分でケアすることの大切さです。
  完璧とはいきませんが、教室で習ったことやEテレであった吉岡マコさんの産後のストレッチを
  寝る前にしています。
  ちょっとずつですが、自分では前より体の痛みは減っているような気がしています。

  もう一つは、一番悩んでいるパートナーシップについて、
  ふじみんさんや皆さんから、いい方向に向かうための小さなヒントをいただけたなあ
  ということです。
  当たり前ですが、即解決!なんてあり得ないのですが、
  ふじみんさんが仰っていた、夫婦は「へ~、そうだったんだ!」の繰り返しとか、
  夫がぷんぷんおばさんになっているとか、私はパートナーシップをあきらめてないんだ、とか。
  小さなことかもしれませんが、一つ一つがとても新鮮で、すっと心に入ってきました。

  長くなってしまいましたが、得たものが多く、
  本当に参加してよかったです。

  ありがとうございました。

  福岡でももっとマドレが広がりますように。
  知り合いの産後女性にどんどん教えようとたくらんでいます(笑)。



Nさんありがとうございました!
これからも、もっともっといろんな皆様と出会えますように
頑張ってまいりたいと思います。

5月コース(5月9・16・23・30日)毎週金曜日です☆
残席4名様⇒お申し込みはこちら


こんにちは!ふじみんです。

先週は、水曜日に性教育講座をやりました。
FBの募集だけでいっぱいになってしまうので、
ブログでは公開していなかったのですが
予告だけしちゃうぞ。
『ふじみんゼミ~性教育って必要ですか?~』
5月19日(月)・6月28日(土)いずれもふくふくプラザ和室にて★
土曜日なら、夫婦でこれちゃうねー!
お勤めの人もこれちゃうねー!
スケジュール空けておいてくださいませ。

木曜日は、みんなにうちに来てもらって
『春の酵素作り講座+古布ちょきちょき&古本・古着交換会』をやりましたー。
おこたちもわちゃわちゃと。
ちょき1

古布はねー、ほんっと便利ですわ!
子どもの食べ散らかしを拭いたり
台所の汚れをふき取ったり、すんごい使えるんだよね。
でもさー、切るのがべんどくさいの。
古布ばかりがどんどんたまっていくから(笑)
これもう、みんなでやったらええやん、って話になり
おしゃべりしながら切ると
ガンガンはかどるのね。そうとう切った!切って切って切りまくった!
楽しいし、エコだし、我ながらいい企画だったなぁ。
ちょき3

酵素作りは、マドレOGで、一緒にチラシ作ってくれたり
ほんと、デキる女、えいちゃんが講師をやってくれました。
鹿児島から新鮮なかんきつ類をいっぱい持ってきてくれて
できるのが、あー楽しみ!あー楽しみ!(しつこい・w)
ちょき2

でもって、昨日、月曜日は、産後クラス、卒業生向けのアドバンスクラス。
さくっとボールやって、そのあとシェアリング。(←卒業生同士だとめちゃめちゃ盛り上がるんだわ、これが!)
そんでウォーキングやって、さらにダンス!双子母で、マドレOGのサイアイが教えてくれるのー。
簡単なのに、めっちゃかっこいいダンス。みんなでビヨンセ★というか渡辺直美か・・・ww

それで、いっぱい動いて
お腹すいたねーって言って
我ら御用達の「みつやす」という和食やさんへ。
(ちゃんと毎回予約取ってくれるランチ隊長がいるのです、持ちまわりで)

そこでわーわーいろんな話しました。
下血やらw、白髪やらw、仕事の話やら
夫の話やら、10年後のビジョンやら・・・
マジメなんだか不真面目なんだか(笑)。

私は正直「ママのための・・・」とか「ママだから・・・」みたいな話が
本当に苦手でして
ママじゃない、その人の「素」の話ができる場が
ホント、ないなーって。
だって、仕事してるときや
友達といるとき
私はママじゃないもん。

そんなの関係なく
バカ話もしたいし、
将来の夢について語り合いたいもん。

そんな風に話した後は
満面の笑顔で、保育園にお迎えにいける。

それは私、「子育てする人」にとって、絶対必要なことだと思っています。

「ママ」じゃない自分で
お腹の底から笑うってこと、最近してますか?

私は、産後女性の、この部分を実現するためなら
なんでもするって思ってます。
それができるのが産後クラスだから
自分は魔法を手にしたようなものだと
思っています。

さあさあ、もっと動いていかないとね。






5月コース(5月9・16・23・30日)毎週金曜日です☆
お申し込みはこちら

こんにちは!ふじみんですー。

今日はこんな本を読みました。

ひえとり


『冷え取りごはん うるおいごはん』
若林理砂著

この方、鍼灸師さんなんですが
「こういう食生活していれば、針灸なんて通わんでいい」みたいなことをおっしゃていて
なんと潔い(笑)!

いやあほんとね、本気でこの世の中何とかしたいと思って
職業選んでる人って
極論を言うと
「本当は、自分の職業なんて、必要なくなるのがいいに決まっている」って
思ってる人、結構いると思うんですよね。

私もそういわれてみればですね・・・
本当は、産後ケア!なんていちいち謳わなくても
赤ちゃん連れで(もしくは託児付で)、身体を鍛えられる場所がいくらでもあって
もしくはその間、夫が当然のように休みを取れて、赤ちゃん見ててくれるというのがあたりまえになって
女性が産後の衰えた身体をいつだってケアすることが出来れば
全然、マドレがなくなってもいいわけで。

家族で「産後」というものをどうのりこえるか話し合えていたり
仕事だけじゃなくて、プライベートの「LIFE」について
みんなが大事に出来るようなればね。

性教育だって、「あんたの言ってることなんて、あったりまえのことじゃないか!」ってなれば
こんなに素晴らしいことはないわけです。

でも、やっぱり、今はそうじゃない。
ものすごい遠い未来とも思わないけど
現状苦しんでいる産後女性がいて
そこが私は社会問題の根っこだと思っているので
動かないわけにはいかない。

全国で頑張っている仲間もいる。
どのメンバーも本当に心から尊敬できる人たちばかりだ。
だから動く。なんとかしようと思う。

・・・ってアツくなってるけど、なんの話だっけ(笑)?

やや、だからですよ、本気でやってる人って
なんというか、自分の仕事なんてなくなることが理想ってなるんじゃないかなーって
ちょっと思ったわけです。

あ、そうそう、本の中身ね(笑)。
とてもいいです。
単に、「乳製品は悪!」とか、そーいうんじゃなくて
自分の体質を知り、体質に合ったレシピがちゃんとわかります。

中でも印象に残った一文はこちら。
「医療やその他、技術の進歩によって、平均寿命がかなり延びた私たちは、
養生の道から逸脱しても死を招くような病は少なくなりました。
私は、現代は「不養生」っていうぜいたくを選択できるようになったのだと感じています

ね、すばらしくないですか、この一文。
はぁ、救われるーww

こんにちは!ふじみんですー。

まずは残念なお知らせから。
4月コースはキャンセルが相次ぎまして
開催できなくなってしまいました・・・(号泣)。

楽しいんです。マジで!
ものすごく気持ちがいい汗かけるんですけどね☆
12 3

ねね!楽しそうでしょ☆

はぁー。
こんなのはじめてだなー。
いやはじめてじゃないかな?う?
思い出せない・・・・(笑)。

5月ははりきってまいりますので、
みなさまふるってご参加くださいませね。
(5月は9日から毎週金曜日です!)

さてさてそんな感じで
急に時間が出来てしまったため
本など読んでいます。
あ、マンガか(笑)。

これ、『ママだって、人間』田房永子著
ママだって


この方の『母がしんどい』は、もう読むのしんどくなるくらい
本当に名作でして。。。今回もまたすんばらしく、産後の闇を
これでもかっていうほどついてくれてます。

そして、要するに、私はこういうことを伝えたくて、インストラクターやってるんだなあって
思いました。

そんな作品なのですが
一番笑ったのはこちら↓
image


一応、一文字自粛(笑)。

これ面白くない?この発想なかったなぁ。斬新過ぎて度肝抜かれました。
お父さん、ちょっと嬉しそうなのがよくない?あれ?私だけ?!(笑)

あーこんなことやってるからダメなのかなぁ・・・



↑このページのトップヘ